医学博士・中原英臣氏が「75年間ワクチンを接種していない」と暴露!

00
Article Rating

闇の勢力による新型コロナウイルス騒動の中、韓国ではインフルエンザワクチンの接種後に59人が死亡するというニュースが大問題となっています。
そのニュースの中で、医学博士で感染症学・公衆衛生の権威である中原英臣氏が、「75年の人生でワクチンを一度も摂取していないが、一度もインフルにかかったことはない」と暴露しています。

日刊ゲンダイデジタルより

ただ、忘れていけないのは、ワクチンが100%安全ではないこと。ワクチン接種による副作用が生じるリスクを伴います。私は75年間の人生で一度も接種していませんが、インフルにかかったことはありません。

韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク|日刊ゲンダイDIGITAL
 新型コロナウイルスとインフルエンザが同時流行する「ツインデミック」対策で、各国がインフル予防接種に取り組んでいる...

中原英臣氏は感染症の専門家で、多くの著書を執筆されています。

Amazon.co.jp

また、現代医学の危険性にも警鐘をならす正義のお医者さんで、人間ドックや健康診断の危険性なども訴えています。

Amazon.co.jp

このような素晴らしい活動をされている、感染症やウイルスの専門家が接種していないワクチンを多くの人に接種して、本当に大丈夫なのでしょうか?

自然派ママとしては、不安しかありません。みなさんはどうお考えですか? インフルエンザや、新型コロナウイルスのワクチンについては闇の勢力による陰謀なども噂されていますが、接種したいですか? 子供に打ちますか? もしよろしければ、コメント欄にご意見をお書きください。

00
Article Rating
通知登録
通知対象
guest
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見があれば、コメントを書いてくださいx
()
x
タイトルとURLをコピーしました