歯の溝を埋める「シーラント」に使われている化学物質が恐ろしい

00
Article Rating

歯の溝に樹脂を詰めて虫歯を防ぐ「シーラント」という処置があります。永久歯の奥歯に行うことが多いようですが、乳歯や前歯へも積極的にシーラントを行う歯科もあるようです。

しかし、自然派ママは絶対に自分の子供にシーラントなんてしません。シーラントをする際、薬剤を塗ってから樹脂を被せます。こんなものをしてしまえば、化学物質を排除するケミカルフリーな生活をしているのに、台無しになってしまいます。

そもそも、自然派ママの間ではフッ素が体に悪いというのが常識です。松果体を石化させます。フッ素の濃度が高いママから生まれた子供には、ADHDと診断される率が高いという報告もあります。水道水に高濃度のフッ素を添加している地域の子供は、他の地域の子供に比べてIQが低いという調査結果もあります。

日本でも、ほとんどのお子さんが虫歯予防のためにフッ素を塗布しているようですが、自然派ママはそんなことはしません。しっかり歯磨きをすれば十分です。

それに、自然派ママの間では白砂糖が毒というのが常識です。高名な真弓定夫先生によると、白砂糖は化学方程式で表すことができる魔薬です。

Amazon.co.jp

なので、虫歯の原因になる白砂糖を含む食品は、一切食べさせていません。なので、薬剤という毒を歯に塗って封じ込めるシーラントも、もちろん不要でしょう。

歯だって体の一部で生きているわけです。薬剤を塗れば、経費毒のように体の中に侵入してくるでしょう。そうなるとデトックスも大変です。フッ素塗布をしてしばった場合、あるいはシーラントをしてしまった場合は、取り除いた上で、ウモプラスでデトックスすると良いでしょう。

ウモプラスは、天然水晶から生まれたケイ素の濃縮溶液です。メーカーの説明によれば、デトックス作用があるだけでなく、第三の目が開き、宇宙からの波動をキャッチする効果もあるとされているので、超おすすめです!

00
Article Rating
通知登録
通知対象
guest
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見があれば、コメントを書いてくださいx
()
x
タイトルとURLをコピーしました